旅はいいよねっ!~皮の非日常~

旅行大好きな皮です!旅行記から趣味のことまで思うがままに書いていきます。主に飛行機、鉄道、自転車がメインです。現在47都道府県制覇の旅中(1/47)

47都道府県制覇の旅in愛知〜羽田、成田、中部〜

47都道府県制覇の旅の愛知県編です。1泊2日の旅でしたが、愛知県の滞在時間のほとんどは中部国際空港(セントレア)でした。

目次

おさらい

47都道府県制覇の旅のルールを簡単におさらいしますと、「都道府県内で1泊する」、「ご当地グルメを食べる」この2つです。


記念すべき1県目が愛知県なのは理由があります。
その①・飛行機の国際線機材に乗りたい。
その②・新幹線のグリーン車に乗りたい。
上記を満たす丁度いい場所が、愛知県だったわけです。

成田空港散策

「飛行機の国際線機材に乗りたい」ということなのですが、国内線の一部で国際線の機材を使っている便があります。伊丹ー成田や中部ー成田が有名な路線です。今回はその成田ー中部便の「32P」に乗ります。詳しくは後ほど・・・
成田空港は都心から様々な行き方があります。SFC修行(
www.kawatrip-traveler.work
)でも紹介しましたが、スカイライナーや成田エクスプレスがあります。他にも1000円バスという格安移動も可能ですが、今回は、羽田空港ー成田空港までエアポート急行で向かいます。昼間はエアポート快特として京急蒲田や浅草線内の駅を通過する快特っぷりを発揮しています。
約2時間かけて成田空港第一ターミナルに到着しました。

第一ターミナル

f:id:galmzero-shion:20180819125823j:plain
この第一ターミナルの南ウィングは「スターアライアンス」の航空会社がメインの場所です。ANAはここです。ひと際目立つのは写真の「Zカウンター」ですね。ファーストクラス利用者かダイヤモンド会員しか入れないブラックボックスです(笑)いつかは入ってみたいなぁと思いつつ写真を撮ってました。
北ウィングは「スカイチーム」がメインになっています。
また、国内線のANAとピーチもこの第一ターミナルからの出発です。そして、ARRIVAL ROUNGEもここにあります。
f:id:galmzero-shion:20180819125826j:plain

第二ターミナル

第一ターミナルと第二ターミナルは離れているため、無料循環バスで移動します。
f:id:galmzero-shion:20180819125817j:plain
第一ターミナルの中央の6番乗り場から出ています。黄色のバスなので、分かりやすいですね。第3ターミナルにも行くタイプと2種類あるようです。
f:id:galmzero-shion:20180819125819j:plain
第二ターミナルは「ワンワールド」がメインです。JALはこの第二ターミナル発になります。この第二ターミナルは第一ターミナルに比べ古く感じます。実際に作られたのは第一ターミナルより後なのですが、第一ターミナルが改修工事をして綺麗になったため、「古く」感じたようです。
f:id:galmzero-shion:20180819125818j:plain

第三ターミナル

この第三ターミナルはLCC専用のターミナルです。第二ターミナルから600mほど歩くこともできます。(所々に休憩所もあります)
写真は撮り忘れましたが、競技場のトラックのように床に導線が書かれています。天井はむき出しの状態で、LCCターミナルらしさを感じます。
流石に全部のターミナルを歩くと疲れます(笑)
なので、ラウンジに行ってシャワーを浴びて、搭乗までゆっくり過ごしました。

A320neo

f:id:galmzero-shion:20180819125828j:plain
国内線は基本バス移動です。なので、タラップで乗り込みます。
f:id:galmzero-shion:20180819125831j:plain
これがnew engineですね。エンジンの大きさが一回り大きくなってます。写ってないですが、シャークレットも従来のものと変わっています。

f:id:galmzero-shion:20180819125834j:plain
プレミアムクラスです。国際線仕様なので、ビジネスクラスの位置付けになります。(今回プレミアムクラスの利用者は僕だけでした)

f:id:galmzero-shion:20180819125835j:plain
ヘッドレストは好みに調整可能です。

f:id:galmzero-shion:20180819125837j:plain
リクライニングは電動式で、左側は全部倒したいとき、元に戻したいときに使います。右側は個々に調整して好みの姿勢にすることができます。

f:id:galmzero-shion:20180819125838j:plain
ひじ掛け下にUSB口があるので、充電も可能です。

f:id:galmzero-shion:20180819125841j:plain
今まで乗った飛行機とシートベルトの形が異なっていました。エアバスはこういう形なんでしょうか・・・よくわかりません

f:id:galmzero-shion:20180819125843j:plain
離陸します。前の席だと綺麗に滑走路の中心に来るので綺麗に見えます。

f:id:galmzero-shion:20180819125846j:plain
この32Pは全席にIFEというモニターが設置されています。タッチパネル方式で、機内コンテンツを楽しめます。ちなみに、機内Wi-Fiは使用不可とアナウンスされました。

f:id:galmzero-shion:20180819125845j:plain
この機材には下方カメラ前方カメラがあり、外の景色を楽しむことができます。夕焼けが綺麗に見えました。

f:id:galmzero-shion:20180819144348j:plain
さて、お食事です。ゆっくりいただきたいところですが、離陸してシートベルト着用サインが消えた直後に
「あと15分で着陸体制に入ります」
とのアナウンスが・・・
急いで食べました(笑)
シートベルト着用サインが付く1分前にCAさんから「コーヒーいかがですか?」と聞かれたので、お願いしました。

名古屋上空を旋回し、中部国際空港(セントレア)に着陸します。上から花火が見えて綺麗でした。

着陸してドアの操作を眺めていたら、PBBの操作をしている方が新人だったようです。CAさんは「あら、新人ちゃんが操作してる!頑張れー」なんて話をしていてほっこりしました。少し時間がかかってしまったようなのですが、僕には全然分かりませんでした。(いつも通りにしか感じませんでした)

中部国際空港

中部国際空港はセントレアという愛称で親しまれています。セントレアはcentralとairportを掛け合わせた言葉だそうです。
今まで知りませんでした(笑)

f:id:galmzero-shion:20180819125848j:plain
到着後出発ロビーに来ました。エスカレーターサイドは関空っぽさを感じます。

f:id:galmzero-shion:20180819125849j:plain
出発ゲートサイドは羽田空港の国際線ターミナルっぽさを感じました。
伝わらないかなぁ

そして本日の宿はこちらです。
f:id:galmzero-shion:20180819125850j:plain
「TUBE Sq」というカプセルホテルです。詳細は次の記事に書きたいと思います。