旅はいいよねっ!~皮の非日常~

旅行大好きな皮です!旅行記から趣味のことまで思うがままに書いていきます。主に飛行機、鉄道、自転車がメインです。現在47都道府県制覇の旅中(1/47)

47都道府県制覇の旅in愛知〜TUBE Sqに泊まってみた〜

セントレアに到着し、本日の宿である「TUBE Sq」に向かいます。空港内のカプセルホテルは初めてなので、どんな感じなのか楽しみです。

目次

TUBE Sqの概要

TUBE Sq」はセントレアにあるカプセルホテルです。2F到着ロビーからエスカレーターで降りた1Fにあります。横には24時間営業のローソンもあります。
f:id:galmzero-shion:20180819125850j:plain

今回は9時間で4Fにある「風の湯(フ―のゆ)」の入浴券付きのプランにしました。かぜのゆだと思ってました。
土曜日だったので料金は6000円でした。入浴料が1030円なので、プランによってはお得(割高になることはなさそうです)にならない場合があるので、よく見て予約をしましょう。

ちなみに、公式サイトでは3、6、9、12、18、24時間のプランがあります。9時間で5000円ほどなので、カプセルホテルにしては高めな印象です。ただ、空港内という立地を考えれば妥当なのかなとも思います。
セントレアの一部は24時間空港なので、ロビーの椅子に寝ている人も多くいました。

TUBE Sqの設備

撮影がいいのか分からなかったので、写真はありません。ご了承ください。
中に入ると受付があるので、予約したことを伝えます。左右に自動精算機があるので、そこで料金の支払いを行います。クレジットカード決済もできました。
チェックインするとカードキーがもらえるので、奥の部屋へ進みます。

更衣室

カードキーをかざして更衣室に入り、渡されたカギのロッカーへ向かいます。ロッカーは中くらいのスーツケースが入りそうなほどの大きさで、都心のカプセルホテルより広く感じました。室内は館内着で過ごすことになっているので、ここで着替えます。バスタオルやスリッパもロッカーに入っています。

シャワー室

シャワー室は6個ほどあり、端の1つは浴槽になっていました。朝にシャワーを浴びましたが、混んでいることはなく、すぐに浴びることができました。
ちなみに、このシャワー室の奥にお手洗いがあります。お手洗いだけに行きたい場合は、シャワー室or更衣室を通らないと行けないので少し面倒です。

カプセルルーム(寝床)

上下2段のいつものカプセルホテルといった感じです。が、通路やカプセルの中は広く感じました。旅行客用の設計なのかもしれません。
カプセル内はセーフティボックスや小さい棚、鏡があり、最低限の設備です。テレビとはありませんが、Wi-Fiが無料で使えるので、ネットをする分には快適に過ごせます。
音についてですが、足音や壁にぶつかる音などはやっぱり聞こえます。当然いびきも聞こえます。気になる方は耳栓を忘れないようにしましょう。

風の湯

セントレアの4Fにある飛行機を眺めることができるお風呂です。ジャグジーや寝湯、電気風呂があり、サウナもあります。「飛行機が眺めることができる」って書いてあったので、てっきり露天風呂があるのかと思っていましたが、露天風呂ではありませんでした。かなりショックです・・・
外に出て夜風に当たりながら立って見てました。これはこれで風情がありました(笑)
この風の湯は21時が最終受付なので、時間には注意が必要です。

感想

「TUBE Sq」に初めて泊まりましたが、中はとても綺麗で、横に24時間営業のローソンがある安心感は高評価です。チェックインしてから〇時間の計算になるので、早くチェックインするとその分早くチェックアウトすることになります。
今回利用したプランが入浴券付きだったのですが、スタッフの方に聞くと「お風呂に行ってからのチェックインでも大丈夫ですよ」とのことでした。泊まる時間を無駄なく寝る時間にできるので、とてもありがたいです。
値段は安い訳ではないですが、空港周辺のホテルより安く、空港に近いというメリットがあります。カプセルホテル特有の音問題のデメリットもあるので、それぞれに合った宿を選んでくださいね!

次はセントレア散策をします。